2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】愛知工業大、大堀泰世選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、愛知工業大、大堀泰世選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

愛知工業大、大堀泰世選手の略歴、出身

出身 岐阜県
身長/体重 172cm/76kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手、外野手
出身校 岐阜総合学園高(岐阜)

 

高校時代は3年からベンチ入りしています。

3年夏の大会は、2番センター、レフト兼ピッチャーとしてスタメン出場し、

打者としては17打数7安打、打率.412、打点1、

投手としては3試合にリリーフし、9.1投球回、被安打4、自責点1の成績を残しましたが、

チームは4強で敗退しました。

甲子園出場経験はありません。

愛知工業大、大堀泰世選手の実績

愛知工業大学は愛知大学野球連盟二部に所属しています。

大堀選手は4年春は出場機会がなかったことからケガをしてたまたま出場機会がなかったか、もしくはベンチ外の選手であるものと思われます。

【スポンサーリンク】

愛知工業大、大堀泰世選手の特徴

高校時代を含めて総括して走塁と守備がよく、パンチ力もある左打者という特徴のようです。

50m5秒台の脚力も持ち合わせているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学での実績がほとんどない選手になります。

実績が少なすぎるので、ドラフトで指名される可能性は低いと思います。

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】中京大、野崎文志選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】