2018ドラフト(大学)

【2018年オリックスドラフト2位】亜細亜大、頓宮裕真選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、オリックスドラフト2位、亜細亜大、頓宮裕真選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

亜細亜大、頓宮裕真選手の略歴、出身

出身 岡山県備前市
身長/体重 180cm/83kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 捕手、一塁手
出身校 岡山理大付高(岡山)

 

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年夏の大会は、控えとして1試合に代打出場し、四死球を選んでいます。

チームは4強まで進出しました。

2年夏の大会は、4番キャッチャーでスタメン出場し、6打数2安打、打率.333の成績を残しましたが、チームは3回戦で倉敷工に2-6で敗れました。

3年夏の大会は、4番キャッチャーでスタメン出場し、22打数6安打、打率.273、打点4の成績を残しましたが、チームは決勝で関西に4-9で敗れ、惜しくも準優勝に終わりました。

高校通算24発のホームランを放っています。

甲子園出場経験はありません。

亜細亜大、頓宮裕真選手の実績

大学では1年春からリーグ戦に出場しています。

3年春から本格的にレギュラーを務め、打率.386、3本塁打、打点13の成績を残しました。

4年春までの通算で打率.252、9本塁打、打点41、盗塁6の成績を残しています。

4年秋は打率.242ながら5本塁打、打点12の成績を残し、大学通算本塁打は14本になっています。

大学日本代表にも選出されています。

【スポンサーリンク】

亜細亜大、頓宮裕真選手の特徴

恵まれた体格の持ち主で長打力が魅力の強打者タイプです。

二塁送球2秒を切るキャッチャーとしての肩力もあります。

打撃フォームはオープンスタンスで重心を低く構え、投球動作と同時に左足を大きく上げてフルスイングするスタイルです。

プロ野球選手でいえば、千葉ロッテマリーンズの田村選手のような打撃フォームとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

打率は低めですが、長打力が魅力の大型捕手になります。

多くのプロ球団から高い評価を得ている選手なので、ドラフトで指名される可能性は高いと思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

オリックスドラフト2位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年オリックスドラフト1位】天理高、太田椋選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】