2018ドラフト(高校)

【2018年巨人育成ドラフト3位】旭川大高、沼田翔平選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、巨人育成ドラフト3位、旭川大高、沼田翔平選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

旭川大高、沼田翔平選手の略歴、出身

出身 北海道旭川市
身長/体重 175cm/65kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 旭川大高(北北海道)
17年秋実績 北海道大会旭川地区代表決定戦敗退(●1-6旭川実)
18年春実績 北海道大会旭川地区代表決定戦敗退(●4-9旭川実)
18年夏実績 北北海道大会優勝(○5-3クラーク国際)
甲子園実績 3年夏1回戦敗退(●4-5佐久長聖(長野))

旭川大高、沼田翔平選手の実績

高校時代は1年春から控え投手でベンチ入りしていました。

2年夏の大会は先発は2試合ながら予選5試合全試合に登板し、チームの4強入りに貢献しました。

3年夏の大会は先発2試合、リリーフ4試合に登板し、北北海道大会優勝を果たして甲子園出場を果たしました。

甲子園では1回戦の佐久長聖(長野)戦で延長14回タイブレークの末、惜しくも4-5で敗れています。

3年夏の予選では決勝のクラーク国際戦で3失点した以外は全て無失点で、18投球回、防御率1.50でした。

3年夏の甲子園では8投球回、防御率0.00の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

旭川大高、沼田翔平選手の特徴

最速146km/hの直球に、スライダー、カーブ、チェンジアップとのコンビネーションで抑えていくスリークウォーター右腕です。

ワインドアップからグラブを上げてから重心を下げて思い切り腕を振ってくる投球フォームとなっています。

常時140km/h前後の真っ直ぐにスライダーとカーブで緩急をつける投球スタイルとなっています。

プロ野球選手でいえば、ニューヨークヤンキースの田中将大投手のような投球フォームとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

北海道No.1右腕とプロから評価されている右腕になります。

制球にやや甘さがありますが、プロから指名される可能性が高い投手になります。

期待しましょう!

 

10/25追記

巨人育成ドラフト3位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年巨人育成ドラフト2位】岐阜第一、平井快青選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】