2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】佛教大、大村涼兼選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、佛教大、大村涼兼選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

佛教大、大村涼兼選手の略歴、出身

出身 滋賀県大津市
身長/体重 188cm/97kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 北大津高(滋賀)

 

高校時代は3年春からベンチ入りしています。

3年春の県大会では近江相手に無四球完封勝利しています。

しかしながら3年夏の県大会では決勝で同じ近江に0-4で敗れ甲子園出場はかないませんでした。

 

佛教大、大村涼兼選手の実績

大学では1年秋からリーグ戦に出場しています。

2年春からは先発を任されるようになり、春は防御率5.82でしたが、秋は防御率1.86の好成績を残しました。

3年春は防御率4.22と不調に陥りますが、3年秋は防御率2.50と安定していました。

4年春までの通算で、6勝、99.2投球回、防御率3.16の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

佛教大、大村涼兼選手の特徴

最速140km/hの直球に、スライダーをあやつるスリークウォーター左腕です。

常時セットポジションから長身を活かして上から投げ下ろすスタイルの投球フォームとなっています。

直球はそこまで速くありませんが、長身を活かした角度のある速球で打者の内角を突き、大きく曲がるスライダーを武器に打者を翻弄するのを持ち味としています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

球速はあまりありませんが、188cmという長身を活かした投球が持ち味の投手です。

素材はよさそうですし、プロ注目の評価も受けているようなので、育成目的でドラフトで指名する球団があるかもしれませんね。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】金沢学院大、若林開選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】