2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】武相高、カレオンジョニルマラリ選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、武相高、カレオンジョニルマラリ選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

武相高、カレオンジョニルマラリ選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 168cm/68kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 外野手、投手
出身校 武相高(神奈川)
17年秋実績 神奈川大会3回戦(●1-3平塚学園)
18年春実績 神奈川大会3回戦(●0-1向上)
18年夏実績 北神奈川大会3回戦(●8-9横浜商大)
甲子園実績 なし

武相高、カレオンジョニルマラリ選手の実績

高校時代は1年夏からベンチ入りしています。

1年夏の大会は、初戦敗退ながら2番レフトでスタメン出場し、4打数1安打、打率.250の成績を残しています。

2年夏の大会は、2番センターでレギュラーを務め、17打数11安打、打率.647、打点5と大暴れしました。

3年夏の大会は、3番ピッチャー兼センターでレギュラーを務め、打者としては11打数4安打、打率.363、打点1の成績を残し、投手としては3試合に登板(うち2試合に先発)し、16.2投球回、失点4の成績を残しています。

甲子園の出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

武相高、カレオンジョニルマラリ選手の特徴

打撃フォームは一般的なスタンダードなフォームで、やや低く構えてコンパクトにスイングするタイプです。

プロ野球選手でいえば、中日ドラゴンズの亀澤選手に近い打撃フォームとなっています。

夏の公式戦の成績ではほとんどの試合で複数安打を打っており、盗塁もしていることから俊足巧打の左の安打製造機タイプのようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績は抜群ですが、プロからの評価が聞かれない不思議な選手です。

スカウトが水面下で注目しているのであればドラフトで指名される可能性は高いと思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】藤嶺藤沢高、矢澤宏太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】