2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】中部学院大、若山蒼人選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、中部学院大、若山蒼人選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

中部学院大、若山蒼人選手の略歴、出身

出身 広島県広島市
身長/体重 188cm/85kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 崇徳高(広島)

 

高校時代は控え投手で、3年夏は4回戦の如水館戦に4番手で登板し、無失点に抑えましたが、敗戦しました。

甲子園出場経験はありません。

中部学院大、若山蒼人選手の実績

大学ではアンダースローに転向し、2年秋からリーグ戦に出場しています。

4年春までの通算では、6勝、71.1投球回、防御率1.51の成績を残しています。

2年秋と3年春は主にリリーフ、3年秋からは先発で活躍し2勝、4年春は3勝を挙げて防御率1.42で最優秀投手賞を獲得しました。

【スポンサーリンク】

中部学院大、若山蒼人選手の特徴

最速130km/hの直球と、スライダーをあやつるアンダースローの右腕です。

背が高くて球持ちもよく、浮き上がる直球で球速が無い部分をカバーしています。

制球面も安定しており、打者目線ではとても打ちづらい投手です。

プロのスカウトもレベルの高いアンダースローの投手と評価しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学での実績は十分で、一部のプロ球団から評価されている選手になります。

高校時代は無名で、大学でアンダースローに転向してプロ注目になっただけに、ドラフトでは是非指名されてほしい投手だと思います。

期待しましょう!

 

詳しいプロフィールはこちらもどうぞ。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】静岡産業大、鈴木彩隼選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】