2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】中越高、坂井翔太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、中越高、坂井翔太選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

中越高、坂井翔太選手の略歴、出身

出身 新潟県新発田市
身長/体重 176cm/72kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 遊撃手
出身校 中越高(新潟)
17年秋実績 新潟大会準優勝(●1-3日本文理)/北信越大会1回戦(●3-4富山国際大付(富山))
18年春実績 新潟大会3位(○7-6加茂暁星)
18年夏実績 新潟大会優勝(○10-1新発田)
甲子園実績 3年夏1回戦(●2-3慶応(北神奈川))

中越高、坂井翔太選手の実績

高校時代は2年春から3番打者としてレギュラーを務めています。

2年夏の大会は、打率.407、打点10の成績を残しています。

3年夏の大会は、打率.417、1本塁打、打点11の成績を残し、県大会を優勝して甲子園に出場しました。

甲子園では、初戦敗退で、自身も3打数無安打に終わっています。

【スポンサーリンク】

中越高、坂井翔太選手の特徴

肩の強さと50m6秒台前半の脚力も魅力の強肩強打の内野手になります。

守備では打球反応がよく、難しい打球もよくさばけます。

打撃フォームはクローズドスタンスでスタンスは狭めに構えて、投球と同時に左足を高く上げて振り切るスタイルとなっています。

公式戦ではホームランはあまり出ていませんが二塁打を多く打っており、広角に長打を打つことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績は十分残しており、プロからも素材として高い評価を得ている選手になります。

ドラフトでは上位は難しいかもしれませんが指名する球団があるかもしれませんね。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年東京ヤクルトドラフト6位】日本文理高、鈴木裕太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】