2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】中京大、池田鏡介選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、中京大、池田鏡介選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

中京大、池田鏡介選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 181cm/86kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 捕手
出身校 愛知啓成高(愛知)

 

高校時代は2年夏から5番ファーストでレギュラーを務めており、2年秋から捕手に転向しています。

3年夏の県大会は4回戦で敗退し、甲子園出場はかないませんでした。

中京大、池田鏡介選手の実績

大学進学後は1年春からベンチ入りし、リーグ戦に出場しています。

2年春からはレギュラーを獲得し、年々コンスタントに成績を残してきました。

4年春は打率.294、1本塁打、打点7の成績を残しています。

4年秋は9月28日現在、打率.350、1本塁打、打点7の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

中京大、池田鏡介選手の特徴

野球選手としては恵まれた体格でパンチ力のある強打者です。

打撃フォームはややクローズドスタンスをとり、バットのヘッドをピッチャー側に向け、あまり足をあげずに振りに行くフォームをしています。

プロ野球選手でいえば、元阪神タイガースの桧山選手のような打撃フォームです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学での実績がまあまあですが、プロ球団からの談話もないため、指名される可能性はやや低いかと思われます。

しかしながらポテンシャルは持っているようなので、素材として是非指名されてほしいですね。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】名城大、栗林良吏選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】