2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】中京大、野崎文志選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、中京大、野崎文志選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

中京大、野崎文志選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 173cm/75kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 三塁手
出身校 大垣日大高(岐阜)

 

高校時代は3年からベンチ入りしています。

3年夏の大会は、5番サードでスタメン出場し、19打数10安打、打率.526、打点8の成績を残し、チームも甲子園出場を果たしました。

甲子園では、5番サードでスタメン出場し、9打数5安打、打率556.、打点3の成績を残しましたが、2回戦で敗退しています。

1回戦の藤代(茨城)戦では最大8点ビハインドから追いつき決勝の勝ち越し2ランホームランを放ち話題になりました。

中京大、野崎文志選手の実績

中京大学は愛知大学野球連盟一部に所属しています。

野崎選手は主に控えでベンチ入りしており、

3年春は21打数4安打、打率.190、3年秋は1打数0安打、4年春は4打数1安打、打率.250の成績を残しています。

ベストナイン等の受賞経験はないようです。

【スポンサーリンク】

中京大、野崎文志選手の特徴

野球選手としてはやや小柄ながらがっちりとした体格をしており、パンチ力を秘めた強打者タイプのようです。

ただ実績を見る限り、高校では高い実績を残していますが、大学では確実性が落ちて伸び悩んでいるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロからの評価も聞こえてこず、大学での実績を見る限りでは少々厳しい気がします。

水面下で動いている球団があれば、ドラフトで指名される可能性は低いながらあると思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】高千穂大、尾林直幸選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】