【2018年ドラフト】中央大、吉田叡生選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、中央大、吉田叡生選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

中央大、吉田叡生選手の略歴、出身

出身 栃木県下野市
身長/体重 173cm/80kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 外野手・三塁手
出身校 佐野日大(栃木)

高校時代は1年秋からベンチ入りしていました。

2年春から3番ライトでレギュラーをつかみ、2年秋は打率.481で県大会優勝を果たしています。

3年で春のセンバツに出場し、3番セカンドで打率.333の成績を残しました。

3年夏は決勝で作新学院に敗れ準優勝でした。

同期にはオリックスバファローズの田嶋大樹選手がいました。

中央大、吉田叡生選手の実績

大学進学後は、1年春からベンチ入りしています。

2年春以降は、レギュラーをつかみ、3年春以降は毎年打率3割をマークし、4年春には打率.415を記録しました。

4年春までの通算では打率.314、55安打、5本塁打、打点24、盗塁3を記録しています。

18年春に外野手でベストナインと首位打者を獲得しています。

【スポンサーリンク】

中央大、吉田叡生選手の特徴

野球選手としては小柄ながらパンチ力もあるアベレージタイプの巧打者です。

打撃フォームは癖のないスタンダードなフォームで、ピッチャーのリリースの瞬間に足をホーム側に上げて振り切るスイングをするのが特徴です。

打撃フォームはプロ野球選手でいえば、千葉ロッテマリーンズの鈴木大地選手のような打撃フォームです。

大学では主将を務めていることから、リーダーシップも兼ね備えています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学での実績は十分ですが、プロ球団からの談話が見かけられない不思議な選手になります。

高いバットコントロールはプロでも通用すると思うので是非指名されてほしいですね。

期待しましょう!

詳しいプロフィールはこちらもどうぞ。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年オリックスドラフト7位】東洋大、中川圭太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする