2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】栄徳高、野口泰司選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、栄徳高、野口泰司選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

栄徳高、野口泰司選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 178cm/72kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 捕手
出身校 栄徳(愛知)
17年秋実績 愛知大会3回戦(●3-4愛知啓成)
18年春実績 愛知大会1回戦(●5-7愛知形成)
18年夏実績 西愛知大会3回戦(●5-6愛知)
甲子園実績 なし

栄徳高、野口泰司選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年夏の大会は、3回戦から守備から出場して、4回戦では途中出場ながら2打数2安打で結果を残して、5回戦からは8番キャッチャーでスタメン出場しています。

最終的に8打数2安打、打率.250の成績を残し、チームは4強まで進出しています。

2年夏の大会は、3番キャッチャーでスタメン出場し、18打数6安打、打率.333、打点9の成績を残し、準優勝を果たしています。

3年夏の大会は、3番キャッチャーでスタメン出場し、4打数2安打、打率.500、打点5の成績を残しましたが、チームは3回戦で敗退しました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

栄徳高、野口泰司選手の特徴

捕手としてのキャッチングやインサイドワークはいいものを持っており、二塁送球が2秒を切る強肩の持ち主です。

打撃フォームはバットをやや一塁側に立てて揺らしながら構え、投球と同時にバットを肩側に引いてトップを作って振り切るスタイルです。

プロ野球選手でいえば、元横浜ベイスターズの波留選手のような打撃フォームです。

ホームランを打てるパンチ力も秘めていますが、どちらかといえば広角に打ち分けるアベレージヒッタータイプのようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1年からスタメン出場し、2年からは早くも中軸を任される打撃と捕手としての守備能力も兼ね備えたいい素材だと思います。

水面下で動いている球団があれば、素材としてドラフトで指名される可能性があるかもしれません。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】日本文理大、清松紳也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】