2018ドラフト(大学)

【2018年埼玉西武ドラフト7位】富士大、佐藤龍世選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、埼玉西武ドラフト7位、富士大、佐藤龍世選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

富士大、佐藤龍世選手の略歴、出身

出身 北海道厚岸町
身長/体重 175cm/78kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 三塁手
出身校 北海高(南北海道)

 

高校時代は4番サードでレギュラーでしたが、3年夏は初戦敗退に終わりました。

甲子園出場経験はありません。

なお、平昌五輪のスピードスケートパシュート金の佐藤綾乃選手は同い年のいとこになります。

富士大、佐藤龍世選手の実績

富士大進学後は、1年春からベンチ入りし、1年秋からサードでレギュラーをつかみ、打率.343、打点5でベストナインを獲得しました。

以降は主力として活躍を続け、4年春時点で打率.347、77安打、5本塁打、打点35を残しています。

15年秋17年春秋にベストナイン、17年春に首位打者と本塁打王、17年秋に打点王に輝いています。

【スポンサーリンク】

富士大、佐藤龍世選手の特徴

プロ野球選手としてはやや小柄になりますが、強打が持ち味の好打者です。

フルスイングが持ち味で、打ち損じでも振り切るのでヒットになりやすく、チームでも4番を任されています。

打撃フォームはややオープンスタンス気味にかまえた後、投手がボールを離す瞬間にクローズドスタンスに戻してフルスイングするフォームになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロ数球団のスカウトがマークしている選手ですので、ドラフトで指名される可能性はそこそこあると思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

埼玉西武ドラフト7位で確定しました!!

 

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年埼玉西武ドラフト5位】遊学館高、牧野翔矢選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】