2018ドラフト(大学)

【2018年東北楽天ドラフト8位】富士大、鈴木翔天選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東北楽天ドラフト8位、富士大、鈴木翔天選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

富士大、鈴木翔天選手の略歴

出身 神奈川県横浜市
身長/体重 185cm/85kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 向上高(神奈川)

 

高校時代は左翼手兼控え投手でベンチ入りし、3年時には春夏ともに県大会準優勝に輝きました。(夏の優勝は東海大相模)

甲子園出場経験はありません。

富士大、鈴木翔天選手の実績

富士大進学後は、1年春からベンチ入りしています。

2年時は故障により登板はありませんでした。

3年春からは先発に復帰して頭角を現し、3年秋は4勝0敗、防御率0.72で優秀選手賞、特別賞、最優秀投手賞を獲得してリーグ優勝を達成しています。

また、八戸工大戦で完全試合も達成しています。

4年春時点で5勝、66投球回、防御率1.50を残しています。(4年春は登板なしに終わりました。)

【スポンサーリンク】

富士大、鈴木翔天選手の特徴

最速149km/hの直球を軸に、スライダー、フォーク、カーブ、チェンジアップをあやつる本格派の長身左腕です。

スライダーと直球を決め球に用いることが多く、奪三振能力が高い印象です。

3年夏からはチェンジアップで緩急をつけることもできるようになりました。

投球フォームは足を上げた後、ボールを持つ左手を一旦下げる独特のフォームが特徴です。

プロ野球選手でいえば、元横浜ベイスターズの那須野投手のような投球フォームとタイプです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロ12球団のスカウトがマークしている選手ですので、ドラフトで指名される可能性は高いと思いますが、4年春を怪我で棒に振ったのがどう影響するか気になります。

期待しましょう!

 

10/25追記

東北楽天ドラフト8位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年東北楽天ドラフト7位】立正大、小郷裕哉選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】