2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】富士大、竹内広成選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、富士大、竹内広成選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

富士大、竹内広成選手の略歴、出身

出身 長野県
身長/体重 173cm/69kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 外野手
出身校 佐久長聖高(長野)

 

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、1番レフトでスタメン出場し、20打数6安打、打率.300、打点2の成績を残し、チームは惜しくも決勝で上田西に0-3で敗れ、準優勝に終わっています。

3年夏の大会は、5番レフトでスタメン出場し、24打数12安打、打率.500、打点5の成績を残し、チームは県大会を制して甲子園出場を果たしています。

甲子園では、2回戦で聖光学院(福島)に2-4で敗れましたが、7打数3安打、打率.429、打点2の成績を残しています。

富士大、竹内広成選手の実績

富士大は北東北大学野球連盟一部に所属しています。

竹内選手の大学での詳細の実績は不明ですが、大学では出場機会に恵まれていないようです。

ベストナイン等の受賞歴はないです。

【スポンサーリンク】

富士大、竹内広成選手の特徴

出場記録がなく情報がないため不明です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校では実績十分でしたが、大学では全く実績が残せていない選手になります。

ドラフトで指名される可能性は低いと思います。

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年広島カープドラフト5位】菰野高、田中法彦選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】