2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】福知山成美高、藤田希和選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、福知山成美高、藤田希和選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

福知山成美高、藤田希和選手の略歴、出身

出身 京都府福知山市
身長/体重 178cm/77kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 遊撃手
出身校 福知山成美高(京都)
17年秋実績 京都大会4回戦(●4-5京都国際)
18年春実績 京都大会準優勝(●1-5比叡山)
18年夏実績 京都大会8強(●4-6乙訓)
甲子園実績 なし

福知山成美高、藤田希和選手の実績

高校時代は1年秋からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、8番ショートでスタメン出場し、6打数2安打、打率.333、打点1の成績を残しましたが、チームは3回戦で敗退しました。

3年夏の大会は、キャプテンで3番ショートでスタメン出場し、13打数7安打、打率.538、打点4の成績を残しましたが、チームは4回戦で敗退しました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

福知山成美高、藤田希和選手の特徴

恵まれた体格の持ち主で、フットワークも軽い身体能力の高い左の巧打者です。

打撃フォームはバットを立てて構えて遊ばせながら最短距離で振り切るスタイルです。

打球を広角に打ち分け、ヒットを量産します。

50m6秒0と脚力も持ち合わせているのが特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

甲子園出場経験はありませんが、高校時代の実績としては十分でプロからも高い評価を得ている選手になります。

素材としてドラフトで指名される可能性があるかもしれません。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】近江高、金城登耶選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】