2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】福井工大、芳野了哉選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、福井工大、芳野了哉選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

福井工大、芳野了哉選手の略歴、出身

出身 大阪府吹田市
身長/体重 183cm/82kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 三塁手
出身校 日本航空石川高(石川)

 

高校時代は最初は山梨の日本航空に所属していたが、1年末に日本航空石川に転向しています。

この転入により、高野連の規定で試合には3年春から出場し、ショートでレギュラーを務めました。

3年夏は3番ショートでレギュラーを務め、3試合で打率.600、打点2の成績を残しましたが、チームは8強で敗退しました。

甲子園出場経験はありません。

福井工大、芳野了哉選手の実績

大学1年春からベンチ入りしています。

2年秋にサードでレギュラーをつかみ、打率.360の好成績を残しました。

その後、3年秋に打率.160と不調に陥るものの、毎年コンスタントに結果を残し、

4年春までの通算で、打率.336、50安打、6本塁打、打点36、盗塁2の成績を残しています。

2年秋にベストナイン、3年春にMVPと首位打者とベストナイン、4年春にベストナインを獲得しています。

【スポンサーリンク】

福井工大、芳野了哉選手の特徴

打撃フォームはオープンスタンスでバットを立てて重心を深く構えて振り切るスイングをする右の強打者です。

逆方向にも強い打球で長打が飛ばせるのが魅力で、4年春までに二塁打を8本、三塁打も1本は放っています。

大学通算本塁打は6発記録しています。

課題としては、内角についてさばきが苦手であることと、守備の送球面で不安定な部分があることが課題と言われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校時代から注目されている選手で、選考から漏れはしましたが、大学日本代表選考合宿にも呼ばれている選手になります。

プロ注目と言われている選手ですので、右の強打者を補強ポイントにしているプロ球団から指名される可能性があると思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】東海大、平山快選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】