【2018年ドラフト】福岡大、馬場康一郎選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、福岡大、馬場康一郎選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

福岡大、馬場康一郎選手の略歴、出身

出身 長崎県諫早市
身長/体重 186cm/88kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 諫早高(長崎)

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年秋にはエースとして県大会準優勝し、九州大会に出場し、熊本工に初戦敗退ながら8回1失点の好投を見せました。

2年夏の大会は、3試合に登板し、24投球回、自責点6で8強入りしています。

3年夏の大会は、1失点完投ながらチームはノーヒットノーランをされてしまい0-1で初戦敗退しています。

甲子園出場経験はありません。

福岡大、馬場康一郎選手の実績

大学は3年からリーグ戦に出場しています。

3年秋は1試合に登板し、2投球回、自責点3の記録が残っています。

4年春は4試合に登板し、1勝、24.1投球回、自責点6、防御率2.22の成績を残しました。

ベストナイン等の受賞経験はありません。

【スポンサーリンク】

福岡大、馬場康一郎選手の特徴

野球選手として大柄な体格をしています。

最速151km/hの直球に、スライダー、カーブ、フォークをあやつる本格派右腕です。

投球フォームは常時セットポジションから左足を上げてタメを作り、力強く腕を振るスタイルです。

長身を生かした角度と威力のあるまっすぐが武器となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績はあまりなく、プロからの評価も聞こえてこない選手ですが素材としてはいいものを持っていると思います。

水面下で動いている球団があれば、ドラフトで指名されるかもしれません。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】福岡大、栗原雄大選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする