【2018年ドラフト】岐阜各務野高、三浦賢斗選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、岐阜各務野高、三浦賢斗選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

岐阜各務野高、三浦賢斗選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 175cm/78kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 捕手
出身校 岐阜各務野高(岐阜)
17年秋実績 岐阜大会3位決定戦(〇1-0市岐阜商)/東海大会1回戦(●4-5いなべ総合(三重))
18年春実績 岐阜大会2回戦(●3-5県岐阜商)
18年夏実績 岐阜大会4回戦(●1-3大垣日大)
甲子園実績 なし

岐阜各務野高、三浦賢斗選手の実績

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、6番キャッチャーでスタメン出場し、11打数4安打、打率.364、打点4の成績を残しましたが、チームは4回戦で敗退しています。

3年夏の大会は、2番キャッチャーでスタメン出場し、11打数4安打、打率.364、打点2の成績を残しましたが、チームは4回戦で敗退しています。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

岐阜各務野高、三浦賢斗選手の特徴

二塁手前で送球が落ちない肩力が魅力で、送球のコントロールも正確なのが特徴です。

打撃もコンスタントにヒットを放つことができ、2年、3年とも夏の大会は複数安打を固め打つことが多く、堅実性が増しているのが高評価につながっています。

リードもセンスのあるリードをすると評判です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2年から出場して、実績も残しており、プロからも注目されている選手です。

伸びしろが十分あるように思えるので、素材としてドラフトで指名される可能性があるかもしれません。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年巨人育成ドラフト2位】岐阜第一、平井快青選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする