2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】宜野湾高、國仲祐太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、宜野湾高、國仲祐太選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

宜野湾高、國仲祐太選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 180cm/77kg
利き投/利き打 右投両打
ポジション 投手
出身校 宜野湾(沖縄)
17年秋実績 沖縄大会3回戦(●2-3興南)
18年春実績 沖縄大会3回戦(●0-4興南)
18年夏実績 沖縄大会3回戦(●1-2首里東)
甲子園実績 なし

宜野湾高、國仲祐太選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年夏の大会は、控えとして1試合にリリーフ登板し、無失点に抑えていますが、チームは3回戦で敗退しています。

2年夏の大会は、エースとして1試合に先発登板し、9投球回、自責点3に抑えましたが、チームは初戦で敗退しました。

3年夏の大会は、キャプテンでエースとして2試合に先発登板し、約15投球回、自責点3に抑えましたが、チームは3回戦で敗退しました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

宜野湾高、國仲祐太選手の特徴

2年生の時点で140km/hを計測した本格派右腕です。

投球フォームはセットポジションから重心を落としてスムーズな体重移動でテンポよく投げ込む投げっぷりのよいスタイルです。

恵まれた体格をしており、鍛えればもっと球速が期待できそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績はそこそこですが、素材としては面白い存在かと思います。

水面下で動いている球団があれば、ドラフトで指名される可能性はなくはないと思われます。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年オリックスドラフト5位】未来沖縄高、宜保翔選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】