【2018年巨人ドラフト1位】八戸学院大、髙橋優貴選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、巨人ドラフト1位、八戸学院大、髙橋優貴選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

八戸学院大の髙橋優貴選手の略歴、出身

出身 茨城県ひたちなか市
身長/体重 178cm/82kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 東海大菅生高(西東京)

出身は茨城県ですが、高校は西東京の強豪東海大菅生に進学しています。

高校時代は1年夏からベンチ入りし、1年からマウンドを経験しています。

2年夏からはエースとなりチームを引っ張ってきましたが、夏の甲子園出場は果たせませんでした。

最高成績は3年時の準優勝になります(その年の優勝は日大鶴ケ丘)。

八戸学院大の髙橋優貴選手の実績

八戸学院大進学後は、これまた1年からリーグ戦に登板しています。

1年時の投球回は31.2回で、40奪三振、防御率は0.85でした。

この防御率はリーグ3位の好成績でした。

投球回を上回る奪三振から三振を取れる投手であることが分かります。

秋には先発1番手を任されるようになり、4年春までに17勝、209投球回、249奪三振、防御率2.02を達成しています。

【スポンサーリンク】

八戸学院大の髙橋優貴選手の特徴

最速152km/hの直球を軸に、スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークをあやつる速球派左腕です。

内角をせめるクロスファイヤーが持ち味で、球のキレも抜群です。

ただ、コントロールにやや難がある印象です。

プロ野球選手でいえば、阪神タイガースの岩貞投手や広島東洋カープの床田投手のような投球フォームとタイプです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

8月には10球団のスカウトが視察に訪れている選手です。

ドラフトで指名される可能性が高いと思います。

期待しましょう!

10/25追記

巨人ドラフト1位で確定しました!!

関連記事はこちら↓↓

関連記事はこちら【2018年巨人育成ドラフト4位】敦賀気比高、黒田響生選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする