【2018年ドラフト】函館大、海老塚耕作選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、函館大、海老塚耕作選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

函館大、海老塚耕作選手の略歴、出身

出身 神奈川県横浜市
身長/体重 183cm/80kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 横浜創学館高(神奈川)

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年秋から早くもエースを任され、チームを県8強に導いています。

2年夏の大会は、リリーフとして16投球回、14奪三振を記録しています。

2年秋と3年春の大会は県大会8強まで進出し、

3年夏の大会は、3回戦で7回無失点の好投を見せて勝利した試合もありましたが、チームは16強で敗退しました。

甲子園出場経験はありません。

函館大、海老塚耕作選手の実績

函館大は北海道学生野球連盟一部に属しており、2018年度は春は2位、秋は優勝を成し遂げてます。

海老塚選手は大学では先発2番手以降かリリーフを中心に活躍しているようですが、詳しい数字は不明です。

ベストナインなどの受賞歴はありません。

【スポンサーリンク】

函館大、海老塚耕作選手の特徴

最速145km/hの直球に、パーム、スライダー、カーブ、フォーク、SFFをあやつる本格派右腕です。

投球フォームは常時セットポジションから足を上げた際に上体をやや後ろに倒してタメをつくってから思い切り腕を上から振り下ろすフォームとなっています。

プロ野球選手でいえば、元読売ジャイアンツの桑田選手に近い投球フォームとなっています。

威力のある直球で押しつつ、パームを得意球にしている投手です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校では実績十分ですが、大学の実績が聞こえてこないことから少し伸び悩んだ印象があります。

プロ注目といううわさは聞きませんが、水面下でスカウトが見ているのであれば、ドラフトで指名される可能性は多少はあるかもしれません。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】加茂暁星高、竹林楓也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする