2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】白鴎大、安藤幸太郎選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、白鴎大、安藤幸太郎選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

白鴎大、安藤幸太郎選手の略歴、出身

出身 奈良県奈良市
身長/体重 182cm/76kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 九州国際大付高(福岡)

 

高校時代は1年時から控え投手でベンチ入りし、3年時にはエースとして夏の甲子園に出場しました。

現日本ハムの清水優心選手とバッテリーを組みましたが、甲子園では惜しくも初戦で東海大四に敗れました。

白鴎大、安藤幸太郎選手の実績

白鴎大進学後は、1年春からベンチ入りしています。

主に救援投手として登板数を増やし実績を積み上げていきました。

3年秋からは先発に転向して頭角を現し、4年春は4勝を挙げてリーグ優勝を達成しています。

4年春時点で10勝、97投球回、防御率3.15、奪三振率6.68を残しています。

17年春18年春に最多勝、18年春にベストナインとMVPを獲得しています。

【スポンサーリンク】

白鴎大、安藤幸太郎選手の特徴

最速143km/hの直球を軸に、スライダー、カーブ、チェンジアップをあやつる長身左腕です。

スライダーとチェンジアップで打たせて取る印象が強いです。

投球フォームはランナーがいなくてもセットポジションをとり、足を上げた後、一旦体重をかけて沈み込んでから投げる独特のフォームが特徴です。

プロ野球選手でいえば、中日ドラゴンズの岡田投手のような投球フォームとタイプです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロ数球団のスカウトがマークしている選手ですので、指名される可能性はそこそこあるかと思います。

期待しましょう!

 

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年埼玉西武ドラフト7位】富士大、佐藤龍世選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】