【2018年ドラフト】浜松開誠館高、宮下凌選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、浜松開誠館高、宮下凌選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

浜松開誠館高、宮下凌選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 174cm/75kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 捕手
出身校 浜松開誠館(静岡)
17年秋実績 静岡大会敗者復活(●1-8袋井)
18年春実績 静岡大会2回戦(●1-8常葉大菊川)
18年夏実績 静岡大会3回戦(●5-6飛龍)
甲子園実績 なし

浜松開誠館高、宮下凌選手の実績

高校時代は3年からベンチ入りしています。

3年夏の大会は4番キャッチャーでスタメン出場し、3試合で11打数3安打、打率.273、打点2の成績を残していますが、チームは3回戦で敗退しています。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

浜松開誠館高、宮下凌選手の特徴

二塁までの送球到達が1.8秒台の強肩捕手になります。

打者としても3年からながら4番打者を務め長打も打てるという触れ込みです。

打撃フォームの詳細については不明です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

3年になってから伸びた選手でやや実績にかけますが、強肩の部分は十分魅力があると思います。

プロ球団が注目しているという情報はありませんが、水面下で動いている球団があれば素材として指名される可能性があるかもしれません。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】オイスカ高、蘇珀漢選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする