2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】汎愛高、羽田野温生選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、汎愛高、羽田野温生選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

汎愛高、羽田野温生選手の略歴、出身

出身 大阪府大東市
身長/体重 187cm/82kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 汎愛高(大阪)
17年秋実績 大阪大会4回戦(●0-5金光大阪)
18年春実績 大阪大会(●4-5関大北陽)
18年夏実績 北大阪大会3回戦(●1-5履正社)
甲子園実績 なし

汎愛高、羽田野温生選手の実績

高校時代は1年秋からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、病気の影響で1試合の登板にとどまり、4.2投球回、被安打5、自責点1の成績を残しましたが、チームは8強で敗退しています。

3年夏の大会は、エースとして2試合に登板し、12投球回、被安打16、自責点8の成績に終わり、チームも履正社に敗れ、3回戦で敗退しました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

汎愛高、羽田野温生選手の特徴

最速147km/hの直球と、スライダー、カーブ、カットボール、パームをあやつる本格派右腕です。

投球フォームはノーワインドアップからゆっくり左足を上げて重心をやや後ろに下げながら長身を活かして上から投げ下ろすスタイルです。

プロ野球選手でいえば、元埼玉西武ライオンズの西口投手のような投げ方になっています。

まっすぐで押して、たまに投げる変化球でタイミングをずらす投球スタイルです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

全国的には無名ですが実績としては十分で、プロの評価も高い選手になります。

ドラフトでは指名される可能性は大いにあると思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】東日本国際大、有馬昌宏選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】