2018ドラフト(高校)

【2018年北海道日本ハムドラフト2位】花咲徳栄高、野村佑希選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、北海道日本ハムドラフト2位、花咲徳栄高、野村佑希選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

花咲徳栄高、野村佑希選手の略歴、出身

出身 アメリカ合衆国ミシガン州
身長/体重 185cm/90kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 三塁手・外野手・投手
出身校 花咲徳栄高(埼玉)
17年秋実績 埼玉大会優勝(○8-2市川越)/関東大会1回戦(●3-6中央学院(千葉))
18年春実績 埼玉大会準優勝(●5-6浦和学院)/関東大会2回戦(●7-8東海大相模(神奈川))
18年夏実績 埼玉大会優勝(○4-1上尾)
甲子園実績 2年夏優勝(○14-4広陵(広島))、3年夏2回戦(●6-8横浜)

花咲徳栄高、野村佑希選手の実績

高校時代は1年秋から4番ファーストでレギュラーを務めていました。

2年からは4番ファースト兼ピッチャーとして活躍しました。

2年夏の甲子園では通算打率520、13安打、2本塁打、打点6、盗塁2の好成績を残し、全国制覇を果たしました。

3年夏の甲子園ではエースで4番として2連覇を目指しましたが、2回戦で横浜に敗れました。

3年夏の甲子園も2試合で打率.500、4安打、2本塁打、打点6を記録しています。

【スポンサーリンク】

花咲徳栄高、野村佑希選手の特徴

高校通算で58発の本塁打を放っている長打力が魅力の右の強打者になります。

打撃フォームはスタンダードなフォームですが、インコースも腕をたたんでうまく打つことができ、逆方向にも強い打球が打てるのも魅力の一つです。

長打力がありながら遠投110mの肩力も持ち合わせています。

また、投手としても最速146km/hの直球を投げることができ、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップとのコンビネーションで抑えていく投球スタイルとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロでは野手一本でやっていくことが予想されています。

プロ球団も複数の球団が注目している選手ですので、ドラフトでも上位指名が期待されています。

期待しましょう!

 

10/25追記

北海道日本ハムドラフト2位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年北海道日本ハムドラフト1位】金足農業、吉田輝星選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】