【2018年ドラフト】平成国際大、原田元気選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、平成国際大、原田元気選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

平成国際大、原田元気選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 173cm/73kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 外野手
出身校 聖光学院高(福島)

高校時代は3年からベンチ入りしています。

3年夏の大会は、控えとして代打や途中出場で4打数1安打、打率.250、打点1の成績を残しています。

チームは県大会を制覇し、甲子園出場を果たし、甲子園では8強入りしました。

原田選手は甲子園では準々決勝の1試合のみに出場でしたが、7番ライトでスタメン出場し、3打数1安打、打率.333という成績を残しています。

平成国際大、原田元気選手の実績

平成国際大は関甲新学生野球連盟一部に所属しています。

18年春は二部でしたが、入れ替え戦で勝利し、18年秋から一部に復帰しています。

詳しい実績は不明ですが、4年春は主に6番ライトでスタメン出場していたようです。

【スポンサーリンク】

平成国際大、原田元気選手の特徴

小柄ながらパンチ力のある右の強打者と言われています。

打撃フォーム等の詳細は不明です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

詳細な情報はほとんど出ていませんが、高校時代は名門聖光学院で控え選手でしたが、大学ではスタメンを張るほどの選手に成長しています。

水面下で動いている球団があれば、ドラフトで指名される可能性は少しはあるかもしれません。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】宮城教育大、松下圭太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする