【2018年埼玉西武育成ドラフト2位】北海高、大窪士夢選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、埼玉西武育成ドラフト2位、北海高、大窪士夢選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

北海高、大窪士夢選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 198cm/91kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 北海高(南北海道)
17年秋実績 札幌地区大会3回戦(●0-6立命館慶祥)
18年春実績 北海道大会2回戦(●1-9札幌日大)
18年夏実績 南北海道大会8強(●1-8駒大苫小牧)
甲子園実績 なし

北海高、大窪士夢選手の実績

高校時代は3年夏からベンチ入りしています。

3年夏の大会では、リリーフ投手として2試合で4投球回で5奪三振、無失点の成績を残しています。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

北海高、大窪士夢選手の特徴

最速や持ち球の変化球は不明です。

投球フォームは上体をやや後ろに傾けた後に、長身を活かして上から投げ下ろしてくるスタイルです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校での実績はやや少ないですが、素材としてとても魅力的で、プロも注目している右腕になります。

育成したら化けるといわれているので、ドラフトでは下位で指名される可能性は十分あると思います。

期待しましょう!

10/25追記

埼玉西武育成ドラフト2位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年埼玉西武育成ドラフト1位】日本経済大、東野葵選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする