2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】北越高、阿部裕二朗選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、北越高、阿部裕二朗選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

北越高、阿部裕二朗選手の略歴、出身

出身 新潟県新潟市
身長/体重 174cm/73kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 外野手
出身校 北越高(新潟)
17年秋実績 新潟大会3位(○8-6新潟明訓)/北信越大会8強(●5-7星稜(石川))
18年春実績 新潟大会2回戦(●4-11開志学園)
18年夏実績 新潟大会4回戦(●7-9開志学園)
甲子園実績 なし

北越高、阿部裕二朗選手の実績

高校時代は1年秋からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、出場機会がありませんでした。

3年夏の大会は、4試合に3番ライトでレギュラーを務め、13打数5安打、打率.385、打点6の成績を残しています。

甲子園の出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

北越高、阿部裕二朗選手の特徴

フルスイングが持ち味の左の中距離打者です。

力があるので多少詰まっても内野の頭を超える打球が打てます。

打撃フォームは一般的なスタンダードなフォームでバットを遊ばせながら重心をやや低く構え、無駄な動きなく来た球をそのままとらえるスタイルとなっています。

足も速く守備範囲も広いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

3年夏は実績十分残していますが、プロからの評価は入ってきていない選手になります。

水面下で動いている球団があれば、素材として指名する球団があるかもしれませんね。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年巨人ドラフト3位】松商学園高、直江大輔選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】