2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】北翔大、伊藤宏太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、北翔大、伊藤宏太選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

北翔大、伊藤宏太選手の略歴、出身

出身 北海道帯広市
身長/体重 174cm/83kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 岩見沢東高(北北海道)

 

高校時代は3年春からエースとしてチームを牽引しました。

3年夏の大会では登板した全36イニング中33回連続でスコアボードに0を並べ話題となりました。

この大会の8強が最高成績で甲子園出場経験はありません。

北翔大、伊藤宏太選手の実績

大学では1年春からリーグ戦に出場しています。

当時は2部リーグでした。

1年秋から1部リーグに昇格しましたがなかなか勝ち星は挙げられませんでしたが、3年秋にようやく1勝目を手にします。

4年春にはさらに伸び、3勝、31.1投球回、防御率0.86の好成績を残して、優秀投手賞に選ばれています。

【スポンサーリンク】

北翔大、伊藤宏太選手の特徴

最速152km/hの直球と、スライダーをあやつる本格派右腕です。

高校時代は最速141km/hだったので、大学で急激に球速を上げています。

常時セットポジションから重心を下げて一瞬タメを作ってから素早く投げ込む投球フォームとなっています。

直球を軸にスライダーを織り交ぜて打たせて取るタイプの投手のようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学3年秋から急に伸びてきてプロが注目するようになった右腕になります。

素材型なので育成目的でドラフトでは指名する球団があるかもしれませんね。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】九州産業大、岩城駿也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】