2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】誉高、白石祐人選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、誉高、白石祐人選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

誉高、白石祐人選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 不明cm/不明kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 誉(愛知)
17年秋実績 愛知大会1回戦(●4-7明和)
18年春実績 愛知大会優勝(○2-1東邦)/東海大会1回戦(●5-6東海大翔洋(静岡))
18年夏実績 西愛知大会4回戦(●0-3天白)
甲子園実績 なし

誉高、白石祐人選手の実績

高校時代は3年からベンチ入りしています。

3年夏の大会は背番号10ながら背番号1を背負った小栗選手とともに2枚看板のW左腕エースとしてチームを牽引し、8番ピッチャーでスタメン出場し、投手として5.1投球回、被安打10、自責点4の成績を残しています。

チームは4回戦で敗退しています。

甲子園出場経験はありません。

なお、3年春は決勝で強豪東邦に1失点完投勝ちして優勝した実績を残しています。

【スポンサーリンク】

誉高、白石祐人選手の特徴

最速や持ち球の変化球の詳細は不明ですが、直球にはキレがあると評判です。

投球フォームはセットポジションから体全体を使って体を回転させ、腕を上から振り下ろすスタイルのようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

素材としては面白そうですが、プロからの評価は聞こえてこない選手になります。

水面下で動いている球団があれば、素材として指名される可能性があるかもしれません。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】浜松開誠館高、宮下凌選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】