【2018年ドラフト】堀越高、宮野結希選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、堀越高、宮野結希選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

堀越高、宮野結希選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 185cm/不明kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 堀越高(東東京)
17年秋実績 東東京大会1回戦(●2-3佼成学園)
18年春実績 東東京大会2回戦(●3-4城東)
18年夏実績 東東京大会8強(●1-11二松学舎大付)
甲子園実績 なし

堀越高、宮野結希選手の実績

高校時代は3年からベンチ入りしています。

3年夏の大会では3試合に登板しています。

3回戦の巣鴨高戦ではリリーフで1投球回、無失点、5回戦の城東高戦では先発して5投球回、無失点で5回コールド完封しました。

準々決勝の二松学舎大付戦では先発しましたが、初回に5失点し、その後2回3回は抑え立ち直り掛けましたが、4回に再度つかまり、結局3.2投球回を被安打10の成績を残しています。

甲子園の出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

堀越高、宮野結希選手の特徴

最速や持ち球の変化球は不明です。

投球フォームは重心をやや低くして上体を背中側にかたむけながらめいっぱい投げ込んでくるスリークウォーター右腕のようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績がやや乏しく、プロからの評価も聞かれない投手になります。

ドラフトで指名される可能性は低いと思いますが、投球フォームはきれいなので素材として指名する球団があるかもしれませんね。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年埼玉西武ドラフト2位】浦和学院高、渡邉勇太朗選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする