2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】法政大、菅野秀哉選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、法政大、菅野秀哉選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

法政大、菅野秀哉選手の略歴、出身

出身 福島県相馬

身長/体重 183cm/73kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 小高工高(福島)

 

高校時代は1年夏から投手に転向し、2年春からエースとしてチームを引っ張りました。

2年春は県大会を勝ち抜き東北大会にチームを導きました。

3年夏の県大会では2回戦で完全試合を達成しましたが、4回戦で聖光学院に敗れて甲子園出場は逃しています。

当時からプロ複数球団に注目されていましたが、この時点ではプロ志望届は出さずに法政大に進学を決断しています。

法政大、菅野秀哉選手の実績

法政大進学後は、1年春からベンチ入りしています。

主に救援投手として登板数を増やし実績を積み上げていきました。

2年秋からは先発に転向して頭角を現し、

4年春時点で16勝、242.1投球回、防御率3.75、奪三振率7.50を残しています。

タイトルは17年春に最優秀防御率(1.39)を獲得しています。

【スポンサーリンク】

法政大、菅野秀哉選手の特徴

最速150km/hの直球を軸に、スライダー、カーブ、フォーク、カットボール、シュートをあやつる長身スリークウォーター右腕です。

スライダーは縦横で2種類持っており、フォークやカープを交えながら緩急で打たせて取る印象が強いです。

投球フォームはランナーがいなくてもセットポジションをとり、足を上げた後、一旦タメを作ってから投げこむスタイルが特徴です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロ数球団のスカウトがマークしている選手ですので、指名される可能性はそこそこあるかと思います。

期待しましょう!

 

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年東京ヤクルトドラフト2位】法政大、中山翔太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】