2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】法政大、森田駿哉選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、法政大、森田駿哉選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

法政大、森田駿哉選手の略歴、出身

出身 富山県富山市
身長/体重 183cm/79kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 富山商(富山)

 

高校時代は2年春から控えとしてベンチ入り。

2年秋からエースとなり、秋の県大会準優勝に導きました。

3年夏の県大会では10年ぶりの甲子園出場にチームを導き、甲子園でも16強に進みました。

当時からプロ複数球団に注目されていましたが、この時点ではプロ志望届は出さずに法政大に進学を決断しています。

法政大、森田駿哉選手の実績

法政大進学後は、1年春からベンチ入りしています。

2番手以降の先発として実績を積み上げていましたが、1年秋に肘の怪我をして離脱。

その後、2年冬に手術に踏み切っています。

4年春に復帰して、6投球回、防御率3.00、奪三振率8.75を残しています。

【スポンサーリンク】

法政大、森田駿哉選手の特徴

最速148km/hの直球を軸に、スライダー、カーブ、チェンジアップをあやつる本格派左腕です。

キレのあるスライダーを決め球に三振を取るタイプの投手です。

投球フォームはランナーがいなくてもセットポジションから投げるスタイルで、プロ野球選手でいえば、埼玉西武ライオンズの榎田選手に近い投球フォームです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校時代はプロ数球団のスカウトがマークしていましたが、大学入学後、怪我で2年間を棒にふってしまったのが痛いところかもしれません。

しかしながら、素材としてはいいものを持っているので、怪我の回復具合次第では指名される可能性はそこそこあるかと思います。

期待しましょう!

 

詳しいプロフィールはこちらもどうぞ。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】法政大、菅野秀哉選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】