【2018年ドラフト】法政大、向山基生選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、法政大、向山基生選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

法政大、向山基生選手の略歴、出身

出身 東京都調布市
身長/体重 184cm/80kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 外野手
出身校 法政二高(神奈川)

高校時代はセカンドでレギュラーでしたが、3年春からはサードに転向しました。

3年夏の大会はベスト16で、甲子園出場経験はありません。

法政大、向山基生選手の実績

法政大進学後は、1年秋からベンチ入りしました。

2年春にはレフトで初スタメンしましたが、3年春は怪我で棒に振り、3年秋からレフトでレギュラーをつかみました。

以降は主力として活躍を続け、4年からは主将を務め、大学日本代表にも選ばれています。

4年春に打率.354を記録するなど、4年春までに打率.360、50安打、2本塁打、打点18、盗塁4を記録しています。

また、18年春にベストナインを獲得しています。

【スポンサーリンク】

法政大、向山基生選手の特徴

恵まれた体格で中距離タイプの好打者です。

50m6秒0の脚力もあるため大学では主に1番や3番を任されています。

安定したスローイングと遠投105mの強肩も魅力で守備も安定しています。

打撃フォームはクローズドスタンス気味に力感なくかまえた後、投手がボールを離す瞬間に大きく足を上げてスタンスを広く踏み込むフォームになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

中日のスカウトがマークしている選手ですので、ドラフトで指名される可能性はそこそこあると思います。

期待しましょう!

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】白鴎大、安藤幸太郎選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする