2018ドラフト(大学)

【2018年東京ヤクルトドラフト2位】法政大、中山翔太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東京ヤクルトドラフト2位、法政大、中山翔太選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

法政大、中山翔太選手の略歴、出身

出身 東京都調布市
身長/体重 186cm/95kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 一塁手
出身校 履正社高(大阪)

 

高校時代は2年秋からレフトでレギュラーを務めました。

3年時には春のセンバツに4番打者として出場して準優勝を経験しています。

法政大、中山翔太選手の実績

法政大進学後は、2年春からベンチ入りしました。

2年秋からスタメンとして頭角を現し、3年春から一塁手に転向しています。

なお、3年春には東大2回戦から早大2回戦まで8打席連続安打を記録しました。

4年春までに打率.316、8本塁打、打点37を記録しています。

【スポンサーリンク】

法政大、中山翔太選手の特徴

恵まれた体格で長距離タイプの強打者です。

脚力はあまりありませんが、タイミングの間の取り方や強く振りぬけるところ、そしてスイングスピードの速さが魅力です。

打撃フォームは一般的なスタンダードなフォームですが、プロ野球選手で言えば、広島東洋カープの鈴木選手に近いフォームとなっています。

各プロ球団のスカウトは中日ドラゴンズの平田選手や、北海道日本ハムファイターズの中田選手が近いタイプであると

引き合いに出しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロ7球団のスカウトがマークしている選手ですので、ドラフトで指名される可能性は高いと思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

東京ヤクルトドラフト2位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年東京ヤクルトドラフト1位】国学院大、清水昇選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちら

【スポンサーリンク】