【2018年広島カープドラフト1位】報徳学園高、小園海斗選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、広島カープドラフト1位、報徳学園高、小園海斗選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

報徳学園高、小園海斗選手の略歴、出身

出身 兵庫県宝塚市
身長/体重 178cm/74kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 遊撃手
出身校 報徳学園高(兵庫)
17年秋実績 兵庫大会3回戦(●1-4明石商)
18年春実績 兵庫大会2回戦(●1-2滝川二)
18年夏実績 東兵庫大会優勝(○2-0市尼崎)
甲子園実績 2年春4強(●4-6履正社(大阪))、3年夏8強(●2-3済美(愛媛))

報徳学園高、小園海斗選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年夏の大会は、1番ショートでスタメン出場し、19打数5安打、打率.263、打点1の成績を残しましたが、チームは8強で敗退しました。

2年夏の大会は、3番ショートでスタメン出場し、24打数7安打、打率.292、打点6の成績を残しましたが、チームは4強で敗退しました。

3年夏の大会は、1番ショートでスタメン出場し、21打数7安打、打率.333、打点3の成績を残し、甲子園出場を果たしました。

甲子園には春夏2度出場しており、通算で30打数13安打、打率.433、1本塁打、打点5の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

報徳学園高、小園海斗選手の特徴

走攻守三拍子そろった左の巧打者タイプです。

打撃フォームは一般的なスタンダードなフォームで、投球と同時に左足をやや高くあげてそのまま左足でタイミングを取り、コンパクトに振り切るスイングをしています。

打撃フォームは千葉ロッテマリーンズの鈴木大地選手に近いフォームとなっています。

50m5秒8の脚力を活かし、守備範囲も広く、難しい打球も流れでうまく処理できるのが特徴です。

パンチ力も秘めていて、高校通算38発のホームランを放っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

注目度や実績は申し分なく、プロも多くの球団が上位指名を検討している逸材になります。

ドラフト1位で何球団に指名されるのか楽しみです。

期待しましょう!

10/25追記

広島カープドラフト1位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年広島カープ育成ドラフト1位】静岡産業大、大盛穂選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする