【2018年ドラフト】郁文館高、大比良知哉選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、郁文館高、大比良知哉選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

郁文館高、大比良知哉選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 不明cm/不明kg
利き投/利き打 不明
ポジション 一塁手、遊撃手
出身校 郁文館(東東京)
17年秋実績 東京大会2回戦(●2-3高島)
18年春実績 東京大会2回戦(●1-2明星)
18年夏実績 東東京大会3回戦(●2-3淑徳巣鴨)
甲子園実績 なし

郁文館高、大比良知哉選手の実績

高校時代は3年夏からベンチ入りしています。

3年夏の大会は7番ファーストや8番ショートでレギュラーを務め、

3回戦敗退ながら、3試合で7打数2安打、打率.286、打点2を記録しています。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

郁文館高、大比良知哉選手の特徴

打撃フォームなどの特徴の情報は残念ながら不明です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校での実績が十分とは言えないので、

ドラフトで指名される可能性は低いと思います。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年福岡ソフトバンクドラフト3位】早稲田実、野村大樹選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする