【2018年ドラフト】石見智翠館高、靏仁選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、石見智翠館高、靏仁選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

石見智翠館高、靏仁選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 175cm/85kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 投手
出身校 石見智翠館(島根)
17年秋実績 島根大会準優勝(●5-6開星)/中国大会1回戦(●3-7おかやま山陽(岡山))
18年春実績 島根大会優勝(○5-4立正大淞南)/中国大会1回戦(●7-10宇部鴻城(山口))
18年夏実績 島根大会準優勝(●0-6益田東)
甲子園実績 なし

石見智翠館高、靏仁選手の実績

高校時代は2年秋からベンチ入りしています。

3年夏の大会は、初戦の1試合に先発登板し、3投球回、被安打4、自責点2の成績を残しましたが、チームは決勝で益田東に0-6で敗れてあと一歩のところで甲子園を逃しました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

石見智翠館高、靏仁選手の特徴

最速147km/hの直球に、スライダーをあやつる本格派右腕です。

投球フォームはセットポジションから重心を下げてスムーズな体重移動を利用して投げ込むスタイルです。

常時140km/h台のまっすぐに、鋭く落ちる縦のスライダーで三振を奪うのが特徴で、2年秋の大会では準々決勝で完封勝利を挙げるなどの好投も見せました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績はそれなりにありますが、3年春にケガをしておりその回復具合が気になります。

水面下で動いている球団があれば、ドラフトで指名される可能性は十分あると思われます。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】瀬戸内高、新保利於選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする