2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】岩手大、新沼大輝選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、岩手大、新沼大輝選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

岩手大、新沼大輝選手の略歴、出身

出身 岩手県盛岡市
身長/体重 178cm/83kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 盛岡三高(岩手)

 

高校時代は3年からベンチ入りしています。

3年夏の大会は、エースとして3試合に出場し(うち先発は2試合)、6.2投球回、被安打4、自責点1の成績を残しています。

チームは過去2年は初戦敗退でしたが、3年の年は4強まで進出しています。

甲子園出場経験はありません。

岩手大、新沼大輝選手の実績

岩手大は北東北大学野球連盟一部に所属しています。

新沼選手の詳細の実績は不明ですが、主にリリーフ投手として活躍しているようです。

ベストナイン等の受賞経験はないです。

【スポンサーリンク】

岩手大、新沼大輝選手の特徴

最速145km/hの直球を投げるようですが、持ち球の変化球は不明です。

投球フォームは常時セットポジションからグラブをベルト付近に充ててタメを作って、重心を下げて体全体で横から投げる右横手投げの投球フォームとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績の情報がない選手ですが、リーグ戦では登板しているようです。

水面下で動いている球団があれば、ドラフトで指名される可能性はなくはないと思います。

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】富士大、竹内広成選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】