【2018年ドラフト】順天堂大、萩原拓光選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、順天堂大、萩原拓光選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

順天堂大、萩原拓光選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 177cm/65kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 渋川高(群馬)

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、リリーフとして1.1投球回、自責点1、打者としては1打数1安打、打率1.000を記録していますが、チームは初戦で敗退しています。

3年夏の大会は、出場しておらず、チームは初戦で敗退しています。

甲子園出場経験はありません。

順天堂大、萩原拓光選手の実績

大学は東都大学野球連盟三部に所属しています。

チームのエースピッチャーを務め、4年春は6勝2敗の成績で最優秀投手賞を受賞し、チームもリーグ1位になっています。

その後行われた二部最下位チーム東農大との入れ替え戦第3戦に先発しましたが、序盤で5点を失い負け投手になり、チームは二部昇格を逃しています。

4年秋は10/10現在、チームは1位をキープしていますが、萩原選手は4年秋はすべてリリーフで登板し、3試合、2.2投球回、自責点0の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

順天堂大、萩原拓光選手の特徴

最速は不明ですが、縦のカーブを得意とする左腕です。

投球フォームは常時セットポジションからタメを作って思い切り腕を振り下ろすフォームとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

4年春は好成績を残してはいますが、三部での結果であることと、4年秋の登板機会が少なくプロからの評価も聞こえていない選手になります。

実績が少ないのでドラフトで指名される可能性は少ないかもしれません。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年福岡ソフトバンク育成ドラフト3位】国士館大、重田倫明選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする