2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】開志学園高、岩淵夏夢選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、開志学園高、岩淵夏夢選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

開志学園高、岩淵夏夢選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 174cm/68kg
利き投/利き打 不明
ポジション 外野手
出身校 開志学園(新潟)
17年秋実績 新潟大会2回戦(●2-3新潟)
18年春実績 新潟大会4回戦(●3-5関根学園)
18年夏実績 新潟大会8強(●2-4新潟産大付)
甲子園実績 なし

開志学園高、岩淵夏夢選手の実績

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は4番レフトで2試合にレギュラー出場し、7打数2安打、打率.286の成績を残しています。

3年夏の大会も4番レフトで5試合にレギュラーとして出場し、13打数4安打、打率.308、打点2の成績を残し、チームを8強に導いています。

【スポンサーリンク】

開志学園高、岩淵夏夢選手の特徴

チーム一のパワーを誇ると言われている強打者です。

打撃フォームは不明ですが、3年夏の大会で4回戦の強豪北越戦で猛打賞を記録するなど、固め打ちも期待できる選手のようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロがマークしているという評価は聞こえてきませんが、2年から4番に座り、実績はそれなりに積んでいる選手のようです。

水面下で調査している球団があれば、指名される可能性は少なからずあると思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】ウェルネス筑北高、赤羽由紘選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】