【2018年広島カープドラフト7位】神村学園高、羽月隆太郎選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、広島カープドラフト7位、神村学園高、羽月隆太郎選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

神村学園高、羽月隆太郎選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 174cm/63kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 投手
出身校 神村学園(鹿児島)
17年秋実績 鹿児島大会優勝(○9-6鹿児島実)/九州大会8強(●0-2東筑(福岡))
18年春実績 鹿児島大会8強(○9-0川内)
18年夏実績 鹿児島大会2回戦(●5-7加治木工)
甲子園実績 2年夏3回戦(●8-9明豊(大分))

神村学園高、羽月隆太郎選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年夏の大会は、1番、9番ショートでスタメン出場し、11打数4安打、打率.364、打点4の成績を残しましたが、チームは8強で敗退しました。

2年夏の大会は、2番ショートでスタメン出場し、26打数11安打、打率.423、打点6の成績を残し、チームを甲子園に導きました。

甲子園では2試合にスタメン出場し、10打数4安打、打率.400、打点2の成績を残しています。

3年夏の大会は、1番ショートでスタメン出場し、5打数1安打、打率.200の成績を残しましたが、チームは初戦で敗退しました。

【スポンサーリンク】

神村学園高、羽月隆太郎選手の特徴

野球選手としては小柄ですが野球センス抜群の巧打者です。

打撃フォームは重心を落として大きな構えはせずにスタンダードに構えて、ボールを引き付けてコンパクトにスイングします。

プロ野球選手でいえば、中日ドラゴンズの亀澤選手のような打撃フォームとなっています。

バットに当てる技術が高く、ヒットコースに飛ばすバットコントロールに長けているのが特徴です。

高校3年間、公式戦では高い打率を記録しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績は十分ですが、プロからの評価が聞こえてこない不思議な選手になります。

水面下で動いている球団があれば、ドラフトで指名される可能性はあると思われます。

期待しましょう!

10/25追記

広島カープドラフト7位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年広島カープドラフト6位】亜細亜大、正随優弥選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ) バットコントロールに自信ニキhttps://tatsuasu223.com/kamimuragakuenhatsukitokucho/ […]