【2018年ドラフト】加茂暁星高、竹林楓也選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、加茂暁星高、竹林楓也選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

加茂暁星高、竹林楓也選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 181cm/75kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手、外野手
出身校 加茂暁星(新潟)
17年秋実績 新潟大会8強(●4-10新潟明訓)
18年春実績 新潟大会3位決定戦(●6-7中越)
18年夏実績 新潟大会8強(●0-1十日町)
甲子園実績 なし

加茂暁星高、竹林楓也選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年夏の大会は、リリーフで1回戦1試合に登板し、1投球回、被安打1の記録が残っています。

チームは4強まで進出しました。

2年夏の大会は出場記録はありませんでした。

3年夏の大会は、エースとして4番ピッチャー兼外野手として出場し、投手としては1試合のみに先発登板し、2投球回、被安打3、自責点4、打者としては4試合で11打数6安打、打率.545、打点8の成績を残しています。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

加茂暁星高、竹林楓也選手の特徴

最速144km/hの直球と、カーブ、チェンジアップをあやつる本格派右腕です。

3年夏の大会では1試合のみで序盤に打ち込まれてしまい実績を残せませんでしたが、打者としては打率.545と好成績を残しています。

課題は制球力だといわれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

投手としていいものは持っているようですが、夏の大会では結果を残すことができませんでした。

練習試合では6投球回、無失点だったり、3年春の公式戦では日本文理相手に敗れはしたものの6投球回、3失点といい投球ができていることがあるようなので、

水面下で動いている球団があれば、素材としてドラフトで指名される可能性があるかもしれません。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】松本国際高、小林翔太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする