2018ドラフト(高校)

【2018年北海道日本ハムドラフト1位】金足農業、吉田輝星選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、北海道日本ハムドラフト1位、金足農業、吉田輝星選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

金足農業、吉田輝星選手の略歴、出身

出身 秋田県潟上市
身長/体重 176cm/81kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 金足農業(秋田)
17年秋実績 秋田大会8強(●5-6角館)
18年春実績 秋田大会優勝(○16-1由利工)/東北大会8強(●0-3東北(宮城))
18年夏実績 秋田大会優勝(○2-0明桜)
甲子園実績 3年夏準優勝(●2-13大阪桐蔭(北大阪))

金足農業、吉田輝星選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年秋からエースを務め、2年夏の大会は県大会決勝まで勝ち上がりましたがあと一歩のところで涙をのみ甲子園出場を逃しました。

3年夏の大会は5試合に登板し、43投球回、防御率1.05、奪三振57という成績を残し、県大会優勝を果たして甲子園に出場しています。

甲子園では決勝まで勝ち進み、あと一歩のところで優勝は逃したものの、6試合で50投球回、防御率3.78、奪三振62と圧倒的な成績を残して、一躍甲子園のスターになりました。

【スポンサーリンク】

金足農業、吉田輝星選手の特徴

最速152km/hの直球に、スライダー、カーブ、フォークをあやつる本格派右腕です。

ノーワインドアップから足を上げて一旦ためを作ってから上から腕を振り下ろす投げっぷりのよいきれいな投球フォームとなっています。

ストレートの速さはもちろんですが、ノビが半端なく、ストレートはプロでも即通用するといわれています。

フォームの完成度、フィールディング、打者との駆け引き、野球脳はピカイチの評価を受けています。

ただ変化球は高校レベルでは通用しますが、プロではまだまだ磨く必要があるという評価のようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

甲子園で一躍有名になり、ドラフト1位は確実だと言われています。

どこの球団が交渉権を獲得するのか注目ですね。

期待しましょう!

 

10/25追記

北海道日本ハムドラフト1位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年北海道日本ハムドラフト7位】星槎道都大、福田俊選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】