2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】金沢学院大、若林開選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、金沢学院大、若林開選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

金沢学院大、若林開選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 182cm/80kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 金沢高(石川)

 

高校時代は3年夏から控え投手としてベンチ入りしています。

2回戦の小松戦では6-6の引き分け試合にリリーフ登板後、翌日の再試合に先発して2-0で完封勝利を挙げています。

しかしながら3回戦の日本航空石川戦に惜しくも2-5で敗れ甲子園に出場はかないませんでした。

金沢学院大、若林開選手の実績

大学でも主にリリーフ投手として活躍し、

4年春は4投球回、防御率0.00に抑えています。

【スポンサーリンク】

金沢学院大、若林開選手の特徴

最速149km/hの直球に、スライダーをあやつるスリークウォーター右腕です。

直球には力があり、平均球速も140km/h台後半を連発する投手ですが、スライダーの制球に課題を持っているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

力強い直球で押すパワーピッチャーのようですが、少し大学での実績が足りないようです。

素材はよさそうなので、育成目的でドラフトで指名する球団があるかもしれませんね。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年千葉ロッテドラフト3位】早稲田大、小島和哉選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】