2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】金沢星稜大、今村春輝選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、金沢星稜大、今村春輝選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

金沢星稜大、今村春輝選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 188cm/90kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 内野手
出身校 星稜高(石川)

 

高校時代は2年夏と3年夏に甲子園に出場していますが、当時はスタメンではありませんでした。

3年夏は予選で小松大谷を9回に0-8から9点を奪い逆転したときの代になります。

2年夏は鳴門高(徳島)に5-12で敗れ初戦敗退、3年夏は八戸学院光星高(青森)に敗れたものの3回戦まで進みました。

同期に現千葉ロッテマリーンズの岩下大輝投手がいます。

金沢星稜大、今村春輝選手の実績

大学では4番指名打者としてチームを引っ張っています。

4年春には指名打者でベストナインを初受賞しています。

【スポンサーリンク】

金沢星稜大、今村春輝選手の特徴

野球選手としては恵まれた体格をしており4番打者を務める強打者です。

高校時代は星稜高で控えで、大学でも3年までに大きな記録はないものの、4年春にベストナインを初受賞していることから近年急成長を遂げてきた選手になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

情報が少ないですが、4年春時点で4番を張っており、指名打者でベストナインを獲得していることから伸びしろが十分期待できる選手だと思います。

指名打者での受賞なので守備に難がある可能性がありますが、打力に魅力があるからこその指名打者なので、

プロの談話は入ってきていませんが、打力を評価されていればパリーグ球団に指名される可能性もあるのではと思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年福岡ソフトバンクドラフト6位】金沢星稜大、泉圭輔選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】