【2018年福岡ソフトバンクドラフト6位】金沢星稜大、泉圭輔選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、福岡ソフトバンクドラフト6位、金沢星稜大、泉圭輔選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

金沢星稜大、泉圭輔選手の略歴、出身

出身 石川県金沢市
身長/体重 187cm/83kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 金沢西高(石川)

高校時代は1年夏からベンチ入りしています。

1年からエースを務め、秋の県大会ベスト4にチームを導きました。(準決勝の相手は東海大相模)

県大会は3回戦が最高成績ながら、2年3年ともに夏の大会は強豪校相手に互角の投球をしていました。(3年夏は遊学館に3失点完投負けでした。)

甲子園出場経験はありません。

金沢星稜大、泉圭輔選手の実績

大学では1年春からリーグ戦に出場しています。

1年秋から先発を任され、3勝、防御率1.67の好成績を残しました。

以降毎年防御率は1点台と安定した投球を見せ、

4年春までの通算では、18勝、227.1投球回、防御率1.78の成績を残しています。

18年春にベストナイン、17年秋18年春に敢闘賞を獲得しています。

【スポンサーリンク】

金沢星稜大、泉圭輔選手の特徴

最速146km/hの直球と、ツーシームとスライダーをあやつる本格派右腕です。

長身から投げ下ろすノビのある直球とツーシーム主体で打たせて取る投球をするのが魅力で、そこにスライダーを織り交ぜ打者のタイミングを外す投球をします。

対戦した相手の体感ではツーシームを主体にしつつ、ストレートとスライダーで三振も奪える投球スタイルのようです。

防御率が常に1点台なのでいかにキレがあるかを示しています。

完投能力もあり、3年秋4年春の2季で4つの完封勝利を挙げています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学1年の秋から安定した成績を残してきている逸材になります。

多くのプロ球団から評価されている選手になりますので、ドラフトでは指名される可能性は十分ある投手だと思います。

期待しましょう!

10/25追記

福岡ソフトバンクドラフト6位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年福岡ソフトバンクドラフト5位】石見智翠館高、水谷瞬選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. FF より:

    泉選手と対決しました。
    ストレートとスライダーが軸と書かれておりますが、基本はツーシーム主体で打たせて取るタイプの投手です。ランナーを背負うとギアを上げ、ストレートスライダーで三振を狙うクレバーな投手だという印象です。

    • tatsuasu より:

      返信遅くなり申し訳ありません。貴重な情報をありがとうございます。いただいた内容をもとに記事を更新いたしました。