2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】関西国際大、石田啓介選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、関西国際大、石田啓介選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

関西国際大、石田啓介選手の略歴、出身

出身 徳島県
身長/体重 180cm/不明kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 高松商(香川)

 

高校時代は1年から公式戦に出場しています。

1年夏の大会は主に1番サードでレギュラーを務め、チームは準々決勝で2-3で尽誠学園に敗れたものの、3試合で11打数5安打、打率.455、打点1を記録しています。

2年夏の大会は6番ショートでレギュラーを務め、チームは準々決勝で2-5で丸亀高に敗れたものの、3試合で10打数3安打、打率.300、打点2を記録しています。

3年夏の大会は5番レフトでレギュラーを務め、チームは3回戦で3-4で尽誠学園に敗れたものの、2試合で6打数1安打、打率.167、打点1を記録しています。

3年間で8試合に出場し、27打数9安打、打率.333、打点4の成績を残していますが、高校時代は野手として出場しており、投手はしていなかったようです。

甲子園出場はかないませんでした。

関西国際大、石田啓介選手の実績

大学では主に2年からリリーフとしてチームを支えているようです。

石田投手は3年春は5試合(うち2試合は先発)で14投球回、奪三振4、自責点5、

3年秋は7試合(うち3試合は先発)で18.2投球回、奪三振18、自責点6、

4年春は2試合で1.2投球回、奪三振1、自責点1の成績を残しています。

ベストナイン等の記録があまり残っていませんが、4年春時点は石田選手はとくに表彰選手には選ばれていません。

チームは阪神大学野球連盟一部に所属し、チームは4年春は2位、4年秋は10/5現在位に位置しています。

4年秋はここまで3試合に投げ、4投球回、奪三振3、自責点2の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

関西国際大、石田啓介選手の特徴

持ち球の変化球など詳細の情報が入ってきていませんが、最速140km/hのキレのある真っ直ぐを投げるのが特徴のようです。

投球フォームは重心を下げながらスムーズに体重移動してきれいな腕の振りで投げ込むタイプとなっています。

プロ野球選手でいえば、アナハイムエンゼルスの大谷翔平選手の投球フォームに近いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校では1年から野手として主力で活躍し、大学では主にリリーフとしてそこそこ実績を残しています。

投球フォームは癖がないきれいなフォームで期待感を抱かされます。

スカウトが視察している投手であるのであればドラフトで指名される可能性はあるのではと思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】明星大、佐渡俊太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】