2018ドラフト(大学)

【2018年ドラフト】関西大、山本隆広選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、関西大、山本隆広選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

関西大、山本隆広選手の略歴、出身

出身 大阪府阪南市
身長/体重 172cm/77kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 投手
出身校 桜宮高(大阪)

 

高校時代は3年夏にエースでチームを牽引し、16強まで進みました。

最速145km/hをマークし、2回戦で15K、3回戦で12Kを奪い、当時からプロの注目を浴びていました。

甲子園出場経験はありません。

関西大、山本隆広選手の実績

大学では1年秋からリーグ戦に出場しています。

2年秋から先発2番手を任され、5勝、防御率2.47の成績を残しました。

以降毎年5勝をマークし、3年春には防御率1.47のキャリアハイの成績を残し、3年秋には完全試合も達成しています。

4年春までの通算では、15勝、150投球回、防御率2.34、奪三振率8.40の成績を残しています。

2年秋にMVPと最優秀投手賞、3年秋に特別賞を受賞しています。

【スポンサーリンク】

関西大、山本隆広選手の特徴

最速150km/hの直球と、スライダー、フォーク、チェンジアップをあやつる本格派右腕です。

野球選手としてはやや小柄ながら、体全体を使って、常時セットポジションから重心を下げて上から投げ下ろす投球フォームで投げ込んできます。

基本的には真っ直ぐ主体で押してくる投球スタイルで、球に投げるスライダーとチェンジアップで緩急をつけるピッチャーです。

制球面には課題があるといわれています。

投球フォームは東京ヤクルトスワローズの中尾投手や東北楽天ゴールデンイーグルスの松井投手に近い投げ方となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大学2年の秋から安定した成績を残してきている逸材になります。

制球面に課題はあるもののポテンシャルは十分ですし、

多くのプロ球団から評価されている選手になりますので、ドラフトでは指名される可能性は十分ある投手だと思います。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】金沢星稜大、今村春輝選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】