【2018年ドラフト】関西学院大、姫野大成選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、関西学院大、姫野大成選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

関西学院大、姫野大成選手の略歴、出身

出身 福岡県北九州市
身長/体重 174cm/68kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 二塁手・三塁手
出身校 龍谷大平安高(京都)

高校時代は3年春夏に甲子園に出場して、春のセンバツは全国制覇を果たしています。

3年夏は甲子園で初戦敗退でした。

ともにチームの主軸3番セカンドでチームに貢献しました。

同期に現東京ヤクルトスワローズの高橋奎二投手がいます。

関西学院大、姫野大成選手の実績

大学では2年秋からチームの主力として活躍し、打率.250、2本塁打、打点10を記録しました。

その後3年春秋は成績を落としましたが、4年春に復活し、打率.453(53打数24安打)、0本塁打、打点7を記録しました。

そして、4年春は三塁手でベストナインを初受賞しています。

【スポンサーリンク】

関西学院大、姫野大成選手の特徴

野球選手としてはやや小柄になりますが、4年春の成績を見る限り、24安打中長打が5本(二塁打4、三塁打1)しかないことからアベレージタイプの巧打者であることがうかがえます。

また、高校時代は3番を打ち、大学でも2年時には2本の本塁打を記録していることからパンチ力も秘めていることもうかがえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

情報が少ないですが、

高校時代の実績は十分ながら大学で一度伸び悩みましたが、4年春にベストナインを獲得するまでに結果を出しています。

プロの談話は入ってきていませんが、ドラフトで指名される可能性も十分あるのではと思います。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】近畿大、小寺兼功選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする